香川印刷株式会社
トップページ サイトマップ 個人情報保護方針 環境方針 お問い合わせ
プリプレス
香川印刷会社案内電子ブック
たいせつにしますプライバシー
グリーンプリンティングマーク
「印刷と私」コンテスト
トップ > プリプレス
プリプレスは、下味付け。印刷の鍵を握る重要なセクション。
プリプレス
プリプレスは文字通り、「印刷の前工程」のこと。企画・デザイン・編集・組版(DTP)・校正・刷版までの工程を示します。プリプレスの工程は目立ちませんが、料理で言うと下味付けにも例えられ、印刷において最も重要な工程です。印刷での色再現、印刷する紙質による微妙な調整など、主にDTPとCTPの段階があります。
プリプレス
DTP(組版)
DTPは「デスクトップパブリッシング」の略。いただいた原稿を読みやすく、印象的にレイアウトしたり、入稿された文字データを文字の確認なども行い、写真の色修正や RGB写真データを印刷適正のCMYKへの変換。さまざまな作業を経て印刷に適したデータに仕上げます。弊社では、デジタル化した最新のDTP環境を整えています。
DTP(組版)
CTP
CTPとは、「コンピューター・トゥ・プレート」の略。つまり印刷に使う刷版(プレート)をコンピューターから直接出力します。これまでは、もう1段階フィルムでの工程を挟んでいましたが、CTPではダイレクトに刷版を出力するシステムで、コストダウン、省力化と短納期化に役立っています。
CTP